Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして働いてみませんか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?

 

ウーバーイーツ 怖い

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、デリバリーサービスの無い飲食店のメニューが注文できるサービス。

 

通常、飲食店のデリバリーサービスでは、宅配するのは従業員です。
しかし、飲食店で宅配サービスを行う場合、

 

・人件費
・燃料費

 

などが発生します。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、登録された配達パートナーがメニューを配達。
店側は、Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用することで、人件費や燃料費を削減できます。

 

一方、配達パートナーは店舗に所属することは無いので

 

・シフト
・ノルマ
・人間関係

 

に煩わされることなく、働くことが可能です。

 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みはとてもシンプル。

 

ウーバーイーツ 怖い

 

1)お客さんが料理を注文します

 

ウーバーイーツ 怖い

 

ウーバーイーツ 怖い

 

2)お店で料理を作ります

 

ウーバーイーツ 怖い

 

ウーバーイーツ 怖い

 

3)配達パートナーに連絡が入ります

 

ウーバーイーツ 怖い

 

ウーバーイーツ 怖い

 

4)お店で料理を受け取り、配達します

 

ウーバーイーツ 怖い

 

ウーバーイーツ 怖い

 

5)指定された場所へメニューを届ければ完了

 

 

一般的な宅配サービスでは、

 

・最低注文金額が設定されている
・登録した住所にしか配達できない

 

などの制約があります。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、金額に関わらず、1品からメニューを届けてくれます。

 

また、場所の指定も可能。

 

・オフィス
・公園
・ホテル

 

などに届けてもらってもOK。

 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の利用者はこんな人

 

ウーバーイーツ 怖い

 

マクロミルによると、Uber Eats(ウーバーイーツ)の認知度は約17%。

 

認知度の高い順に

 

・30代……28.3%
・20代……23.5%
・40代……14.8%

 

となっています。

 

実際に利用した人の年齢層も、

 

・30代……13.3%
・20代…… 5.9%
・40代…… 1.9%

 

30代の利用者が最も多いことが分かります。

 

・子どもが小さくて外食に行けない
・体調を崩して料理が用意できない
・TVでスポーツ観戦中
・帰宅時間が遅くなった
・職場のランチをちょっと贅沢に
・残業中の夜食
・お花見の食事を手軽に
・子どもと一緒に公園でランチ
・出張先のホテルで手軽に夕食

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)は配達場所が自由。
店舗や地域によって異なりますが、24時まで営業しているので様々な使い方ができます。

 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)は稼げる?

 

ウーバーイーツ 怖い

 

日本でも認知度が高まりつつあるUber Eats(ウーバーイーツ)。

 

「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録してみようかな?」
「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーって稼げるのかな?」

 

と気になっている人も多いかもしれません。

 

そこで、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの口コミを調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

地域差はあるようですが、時給に換算すると1,000円以上にはなりそうです。

 

ウーバーイーツ 怖い

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の仕組みは

 

支払い金額=基本料金-サービス手数料+インセンティブ
となっています。

 

基本料金の内訳は東京・埼玉・千葉の場合、

 

・受取料金:300円……レストランで料理を受け取った際に発生
・受け渡し料金:170円……注文者に料理を渡した際に発生
・距離料金:150円×km

 

配達距離2kmの配達を完了した場合、

 

300円+170円+150円×2km=770円

 

が基本料金となります。

 

ウーバーイーツ 怖い

 

一方で、Uberの取り分となるのがサービス手数料。
・サービス手数料:35%(基本料金から控除)

 

基本料金が770円の場合、

 

770円×(100-35)÷100=500円

 

が手取りの料金となります。

 

「意外とサービス手数料を取られるんだな」
という印象ですね。

 

 

ウーバーイーツ 怖い

 

ただし、Uber Eats(ウーバーイーツ)ではブーストやクエストといった、インセンティブが用意されています。

 

・ブースト:配送料の基本料金を一定の倍率で増額する仕組み
・クエスト:ブースト以外に適用される特別報酬

 

ブーストは主に、Uber Eats(ウーバーイーツ)の需要の高い地域に設定されます。
クエストは「雨の日クエスト」や「回数クエスト」など。

 

どちらも、人によって内容が異なります。
頑張れば頑張った分だけ報酬アップにつながるので、モチベーションも高まりますね。

 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録の仕方

 

ウーバーイーツ 怖い

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの登録はとても簡単です。

 

①ウェブサイトからアカウント登録し、必要な書類をアップロード
②パートナーセンターで簡単な説明を受け、配達バッグを受け取る
③即日から配達開始OK

 

配達バッグはUber Eats(ウーバーイーツ)から貸与されます。
その際、デポジットとして8,000円が控除されるので要注意。
毎週Uber Eats(ウーバーイーツ)の収入から、2,000円ずつ控除されます。
デポジットは、配達パートナーを辞める際に、配達バッグの返却と引き換えに返金されます。

 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのメリット

 

ウーバーイーツ 怖い

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、時間や職場に束縛されずに収入を得られます。

 

好きな時間に働くことができる

 

ウーバーイーツ 怖い

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)には、シフトや労働時間の制約はありません。

 

エリアによって異なりますが、サービス時間は「9:00~24:00」。
営業時間内の好きな時間でアプリをオンラインにするだけでOK。

 

「試験前や試験期間中は仕事をセーブしよう」
「会社の長期休暇中に精力的に稼ごう」

 

といった働き方が可能。
仕事を休んでも誰にも迷惑をかけることはありません。

 

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーには女性も数多くいます。

 

「家事の空き時間を利用してお小遣い稼ぎ」
「ダイエットしながらお金を稼ぐ」

 

といった活用方法も。
働き方次第では高収入も期待できます。

 

学生や会社員の副業はもちろん、専業として活躍されている方も大勢います。

 

ノルマは一切なし

 

ウーバーイーツ 怖い

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)にはノルマは一切ありません。

 

「1日最低○件の配達をしなきゃダメ」
「毎月○件以上の配達実績が必要」

 

といった決まりはありません。
自分のペースで配達すればOK。

 

労働時間に決まりも無いので、隙間時間に働くことも可能。

 

「もっとガッツリ稼ぐぞ!」
と思えば、働く時間を調整することもできます。

 

「仕事が中心の生活」
ではなく
「仕事と収入をコントロールできる生活」
が実現できます。

 

週単位で支払い

 

ウーバーイーツ 怖い

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、報酬は週単位で支払われます。

 

「欲しい靴があるけど、給料日前で財布の中が寂しい」
「来週からの旅行に備えて、まとまったお金を用意したい」

 

今スグにお金が欲しい時ってありますよね。

 

「……でも、給料日まで、まだ日にちがあるし」
「貯金を切り崩すのは気が進まないな……」

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)は週単位の支払い。

 

毎週月曜日AM4:00が締め日。
翌日、火曜日には明細を確認することができます。

 

働いた分がスグに報酬として支払われるので、モチベーションもアップします。
ただし、利用する金融機関によっては、着金までに日数がかかる場合もあるので要注意。

 

出勤の必要ナシ

 

ウーバーイーツ 怖い

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは個人事業主になります。

 

そのため、

 

・毎朝、決まった時間に出勤する
・仕事が終わらなければ残業
・成果報告のため事務所に出勤

 

などの必要は一切ありません。

 

「朝、ゆっくり寝て午後から精力的に配達する。」
「昼まで配達をして、午後は趣味に費やす。」

 

といった働き方もOK。

 

一人でこなす仕事なので、人間関係のストレスもありませんよ。

 

運動しながらお金を稼げる

 

ウーバーイーツ 怖い

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)なら、運動しながらお金を稼ぐことができます。

 

「デスクワークで運動不足」
「ダイエットしたいけど運動が続かない」

 

とはいえ、

 

「お金を出してスポーツジムに通うのは気がすすまない」
「体力勝負の仕事は自信が無い」

 

という人も多いのでは。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)にはノルマや労働時間の制約もありません。
自分の体力に合わせて、仕事をコントロールできることも大きな特徴。

 

「今日はしんどいな」
と思ったら、早めに切り上げても良いですし、仕事を休んでしまってもOK。

 

自転車を利用すれば、ダイエット、運動不足解消にもなります。
ダイエットしながら報酬もゲットできて一石二鳥です。

 

飲食店の見識が広がる

 

ウーバーイーツ 怖い

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーになることで、

 

・どこにどんなお店があるのか
・流行ってるお店はどこか
・お店の人の態度や雰囲気
・新規オープンしたお店

 

などを知ることもできます。

 

新しいお店に挑戦するのって、ちょっと勇気が要ります。
でも、ネットの口コミはどこまで信用できるか分かりません。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーなら、

 

「こんなお店があったんだ」
「このお店人気があるな」

 

など、飲食店に関する見識が自然と増えていきます。

 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのデメリット

 

ウーバーイーツ 怖い

 

時間や場所に拘束されないUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーですが、デメリットもあります。

 

後々、

 

「こんなハズではなかった!」
「ダマされた!」

 

とならないように、あらかじめデメリットを知っておくことも大切です。

 

完全出来高制

 

ウーバーイーツ 怖い

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは完全出来高制。

 

働けば働くほど報酬が増えるシステムです。
「1日8時間、机の前に座っていればお給料が振り込まれる」
といったことは一切ありません。

 

自分から積極的に仕事をこなすことが大切。
儲かっても、儲からなくても全て自分の責任になります。

 

配達バッグレンタルにデポジットが必要

 

ウーバーイーツ 怖い

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)では専用の配達バッグを使用しています。

 

専用バッグは、登録時にレンタルされます。
その際、デポジットとして8,000円が収入から差し引かれるので要注意。

 

デポジットは毎週2,000円ずつ収入から控除。
収入が2,000円に満たなかった場合は、翌週に繰り越されます。
収入が少ないと、2,000円を控除されるのは大きな痛手。

 

ちなみに、デポジットはバッグ返却時に返金されます。

 

労災は適応されない

 

ウーバーイーツ 怖い

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは労災の対象外。

 

「自転車で転倒して骨折した」
「車と接触して自転車が破損した」

 

などのトラブルがあっても、治療費、修理費は自己負担です。

 

一方で、

 

「配達中に歩行者と接触してケガをさせてしまった」
「配達した料理がこぼれて、注文者が火傷」

 

といった対人・対物保障はカバーされています。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録する際には、自転車保険に入っておいた方が安心です。

 

マニュアルが無い

 

ウーバーイーツ 怖い

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは運び方や接客に関するマニュアルはありません。

 

また、バイトのように指導してくれる人もいません。
そのため、

 

「届いた料理がぐちゃぐちゃだった」

 

といったクレームもあるようです。

 

「配達バッグにタオルを詰めて商品が傾かないようにする」
など、独自で工夫している配達パートナーも多いとのこと。

 

ただし、クレームに対しては、Uber Eats(ウーバーイーツ)のサポートセンターが対応します。
複雑なトラブルに巻き込まれる心配はありませんが、個人の判断力が求められます。

 

責任の所在が曖昧

 

ウーバーイーツ 怖い

 

幸い、Uber Eats(ウーバーイーツ)では大きな事故や事件は発生していません。

 

しかし、事故や事件が起こった場合、誰が責任を取るのか?といった疑問があります。

 

「炎天下に配達した料理で、注文者が食中毒」
「配達した料理に、異物が混入されていた」

 

など、絶対に起こらないとは言い切れません。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)ではパートナーサポートセンターが開設されています。
配達時の緊急トラブルなどに通話料無料で対応しています。

 

「配達パートナーに責任転嫁して、あとは知らんぷり」
といった会社ではないので、その点は安心しても良さそうです。

 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーはこんな人におすすめ

 

ウーバーイーツ 怖い

 

「まずは空いた時間に副業としてはじめてみようかな?」
「自分のペースで働けるのは助かる」

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)は本業としてはもちろん、隙間時間を有効活用したい人におすすめ。

 

フリーランスで働いている人

 

ウーバーイーツ 怖い

 

時間や職場に制約の無いフリーランスの人に、Uber Eats(ウーバーイーツ)はおすすめです。

 

web系の仕事をしていると、自宅にこもりがち。
Uber Eats(ウーバーイーツ)なら、

 

・運動不足解消
・気分転換
・ネタ探し
・お小遣い稼ぎ

 

が同時にできて、仕事に活かすことができます。

 

「今月は収入がイマイチだな……」
といった時に、手っ取り早くお金を稼ぐことができるのも助かります。

 

学生

 

ウーバーイーツ 怖い

 

自由な時間に働けるUber Eats(ウーバーイーツ)は大学生や大学院生にもおすすめ。

 

「授業が忙しくてバイトの時間がとれない」
「試験前や試験期間中はバイトを休みたい」

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)なら、自分のスケジュールに合わせて働けます。

 

通常のバイトと異なり、4時間、6時間と拘束されることもありません。
隙間時間を利用して配達すれば、1日1時間でもOK。
講義の合間を利用して、お金を稼ぐこともできます。

 

ただし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは18歳以上から。
18歳未満の高校生は配達パートナーになれないので要注意です。

 

フリーター

 

ウーバーイーツ 怖い

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはフリーターにも最適。

 

「バイト代だけでは足りない」
「もう少し収入を増やしたい」

 

だけど、バイトのかけもちやシフトを増やして上手くやれるか不安。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーなら、働きたい時に働きたいだけ働くことができます。

 

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは個人事業主扱い。
専業で行っている配達パートナーも数多くいます。

 

「定職に就かずにフラフラしている」
「将来、大丈夫なの?」

 

など、マイナスなイメージの多いフリーター。

 

個人事業主となると、周りの印象、社会的地位も変わってきます。

 

バッグパッカー

 

ウーバーイーツ 怖い

 

「お金が貯まったら、とりあえず海外旅行」
そんなバッグパッカーの旅行資金稼ぎにもUber Eats(ウーバーイーツ)はピッタリです。

 

会社勤めでは

 

「繁忙期しか休みがとれず、旅費がかさむ」
「長期休暇の申請がしづらい」

 

一方、バイトやパートだと

 

「自給が安い」
「長期休暇はとれないので、お金が貯まったら辞める」

 

といったことも。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーなら、「休む」「働く」が自由。
効率良く働いて、旅行資金を稼ぐことも可能です。
また、長期間仕事を休んでも誰にも気を使う必要もありません。

 

専業主婦

 

ウーバーイーツ 怖い

 

「夫の転勤が多く、仕事を続けるのが難しい」
「隙間時間にお金を稼げる仕事を探している」

 

そんな専業主婦にピッタリなのがUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー。

 

「女性でもできるの?」
と思われがちですが、女性の配達パートナーも数多くいます。

 

しかも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーなら、お金を稼ぎながら

 

・ダイエット
・運動不足解消
・地元に詳しくなる

 

といったメリットも。

 

自分の住む街を新発見できることも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の魅力です。

 

サラリーマン

 

ウーバーイーツ 怖い

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはサラリーマンの副業にもおすすめです。

 

「会社の給料だけでは心もとない」
「残業禁止なので副業を始めたい」

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーなら、初期費用はほぼゼロ。
特別な知識や技術も必要ありません。

 

「メタボ気味だから運動をしなくては」
「運動不足で、しっかり寝ても疲れが取れない」

 

といった時にも、運動不足を解消しながらお金を稼ぐことができます。

 

「休日をムダに過ごしている」
「家に帰ってもやることがない」

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーなら、空いた時間を有効活用できますよ。

 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの条件

 

ウーバーイーツ 怖い

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーになるにはいくつかの条件があります。

 

まず、登録条件は18歳以上であること。
登録の際に、プロフィール写真を用意する必要があります。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーで使用できるのは、

 

・自転車
・原付バイク(125cc以下)
・事業用ナンバー取得済みの軽車両
・事業用ナンバー取得済みのバイク

 

のいずれかです。

 

また、自転車や原付バイクを持っていない場合はレンタルも可能。
月額4,000円~16,000円で借りることができます。

 

ウーバーイーツ 怖い

 

登録の際に用意するものは、

 

【自転車】

 

・身分証明書

 

【原付バイク】

 

・運転免許証
・自賠責保険証書
・ナンバープレートの写真

 

【軽貨物またはバイク】

 

・運転免許証
・自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証
・自動車損害賠償責任保険の証明書
・任意保険または共済保険の証明書
・ナンバープレートの写真

 

登録後、パートナーセンターで20分ほどの面接を行います。
その後、配達バッグを受け取れば、その日から配達OK。

 

配達バッグレンタルのデポジットとして別途8,000円が必要です。
デポジットは、毎週の報酬から2,000円ずつ控除されるので、現金で用意する必要はありません。

 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)は怖い?

 

ウーバーイーツ 怖い

 

ネットでは
「Uber Eats(ウーバーイーツ)は怖い」
といった口コミを見かけます。

 

主に注文者側の意見で

 

「玄関を開けたら屈強な外国人が立っていた」
「知らない人に住所を知られるのが怖い」

 

といったもの。

 

配達パートナーの場合は、

 

「変質な注文者にクレームを言われた」
「交通事故に巻き込まれた」

 

など。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)に限らず、配達の仕事では気をつけたいことばかりです。

 

ウーバーイーツ 怖い

 

初心者や女性の場合は、

 

・夜間の仕事は控える
・天候の悪い日は休む
・不慣れな地域の配達はムリに引き受けない

 

など、ムリをせずに行うことが大切。

 

もし、夜間に配達を行う場合は、

 

・自転車の背面にもライトを付ける
・配達バッグに反射板シールを貼る

 

などの工夫をすれば安心です。

 

「配達する料理が大量にこぼれてしまった」
「自転車で転倒してしまった」

 

そんな場合は、スグにサポートセンターに連絡しましょう。

 

ウーバーイーツ 怖い

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)は基本的にクレジットカード払い。
現金をやりとりすることはほとんどありません。

 

そのため、ヘビーユーザーになると
「玄関のドアの前に料理を置いといて」
といった人も多いのだとか。

 

直接、注文者とやりとりする機会が少ないので、他の配達よりも気分的にラクかもしれません。