必見!キャリア診断

まず最初に適職探しをするのが大事

外資系企業で働く場合にはまず最初に適職を探してみることが大事です。そのためにはキャリア診断を行うのが良いでしょう。転職サイトで必要事項を入力して行う診断方法から、直接カウンセラーと会い自分の強みなどを探してもらう方法があります。キャリア診断で適正が出た職種を中心に探すことで、自分のこれからの人生にとってプラスになるような外資系企業で働けます。
もちろん診断の結果だけに頼りすぎるのもよくありませんが、診断で第三者から判断してもらうことで、自己肯定感を持ちながら外資系企業への転職を成功させられます。インターナショナルな人材になるために国際競争力を身に着けていきたい方は、キャリア診断をして探しましょう。

志望動機をきちんと話せるようにする

外資系企業の面接では英語で話せることが大前提となるので、日常会話ではなくビジネスレベルの英語を話せるようにしておきましょう。
面接時に聞かれることといえば自分の能力をその会社でどう活かしていくことが出来るか、あるいは自分を採用するメリットはどこにあるのか、かなりつっこまれた質問をされますから、動じずに答えられるように面接対策も行いましょう。キャリアカウンセリングの段階で面接対策をしてもらえる場合がありますが、面接を受けるのは自分ですから、着実に自分で練習をするのも大事です。外資系企業で働くためには強い意志を持ち続けて転職活動を続ければ、自ずと道が開けてくるので、興味のある企業には自分からアプローチをしてみましょう。

英語で面接を受けるメリットとして、特に担当者に語学力の高さをしっかりとアピールできることがあります。

© Copyright Collecting Revenue. All Rights Reserved.