知りたい?外資系の裏側

外資系の会社の面接の裏側

一言に「外資系」と言っても色々な会社があります。もちろん受ける会社に寄って、面接の仕方が違いますが、外資系の会社の面接は、日系の会社に比べて少しだけ特殊です。それは、英語面接があることが多いからです。面接官はネイティブだったり、日本人だったりします。そして面接も、半分日本語、半分英語だったり、全部英語だったりします。従いまして、外資系の会社で特に英語をよく使う会社に応募する際は、英語の面接に慣れるためにしっかり練習をしておきましょう。
ここからは裏話。外資系の会社でも、全く英語の面接が無い会社もあります。日本語だけの面接で、英語力に関してはTOEICや英検等の資格を確認し、口答でどの程度喋れるか聞かれておしまい、というケースです。こういった会社も少なくないので、必ずしも英語が面接に必要ではないかもしれませんが、入ってからガンガン英語を使う部署だった、ということも考えられますので、やはり英語の勉強をしておいて越したことはないでしょう。

英語のメールの裏話について

外資系の会社で働くと、英語でメールの送受信をする機会が増える可能性があります。
アメリカやイギリスなど、ネイティブの国の人たちとのメールは問題無いですが、問題なのは非ネイティブ間でのメールのやり取りです。お互い母国語でないものだから、やたらと意味不明な文法やら単語やらが飛び交うケースが少なくありません。でも仕事です。間違いは許されないため、何度も確認し合います。そして理解しあえた時の達成感!(笑)英語のメールは例え文法が間違っていようとも、スペルミスしておかしな単語を作り出そうとも、相手に自分の言いたいことが伝わればいいのです。それが一番大事です。余談ですが、非ネイティブのメールはやたらと長かったりしますが、ネイティブのメールはかなり完結で、1行でおしまい!ということも少なくありません。

© Copyright Collecting Revenue. All Rights Reserved.